ジョンソンベビーUVローション(40歳・女性)

それまでは、普通に大人用の日焼け止めをいろいろ使っていました。しかし、私はもともと肌があまり強くなく、特に日焼け止めクリームとの相性は最悪でした。数値が高いほど、日焼けに効果があると思っていたのですが、それに比例して肌へのダメージも大きくなりました。症状としては、落とした後の乾燥がひどいことと、皮が細かく剥けたみたいになることと、本当に合わない時には、プツプツと赤い湿疹ができました。これでは、日焼けによるダメージを受ける前に、日焼け止めクリームに負けてしまうという、なんだか本末転倒な感じになっていました。気がついたら、最後まで使いきれなかったクリームでいっぱいになってしまい、新しいものをチャレンジすることをしばらく休んでいました。

とりあえず使いかけの日焼け止めは、ダメージが出にくい腕や、首周りに使うことで消化していましたが、顔に塗れるクリームは見つからないでいました。つばの広い帽子をかぶることで対応していました。そんな時に、子供の運動会をきっかけに、ジョンソンベビーUVを購入してみたのです。数値も高くなく、子供の肌にはちょうどよいかなと思いました。そして、ふと試しに自分の顔にも塗ってみたのです。伸びというか、なめらかさには少し欠けるのですが、その分ピンポイントで凹凸の凸の部分にしっかり塗りこむ感覚を確かめることができます。においも好き系の香りでした。塗った後のベタベタ感はあまり感じないです。また長時間たっても、てかることはありませんでした。そして、成分が優しいだけあって、落とした後も肌が荒れることはありませんでした。

肌に合うのを実感して以来、継続して使うようになりました。強力な日焼け止め効果があるタイプではないので、帽子をかぶるとか、日陰を歩くなどの基本的な対応をする前提で、使っています。化粧をする前に、下地の代わりとして使用しています。量は500円玉くらいの大きさを伸ばして使っています。馴染みやすいように、伸ばした後に両手で顔に手を当てて、浸透させるようにしています。(イッコーさんがテレビでやっていました)1年通して使っています。日がさしていない時にも紫外線対策として欠かせません。肌の調子は良いです。その後湿疹ができたりすることがないので、しばらくこのタイプを継続して使おうと思っています。余談ですが、日焼け止め効果が強くないことを理解しているからこそ、それ以外の対策に注意することができて、それがまた良いのだとも思っています。