ロート製薬スキンアクアマイルドジェル(50代・女性)

もういい年齢なので、シミやしわがあります。刺激のある日焼け止めだと、洗い落とした後に、ヒリヒリしたり、肌が余計に疲れて見えることがありました。肌が乾燥しているのに部分的に脂分が多く、日焼け止めによっては、いかにも「日焼け止めを塗っています」というテカテカ感がありました。それなのに洗い落とすと、肌が乾燥していて、いったいどうしたらいいのやらという感じでした。また、香りも気になっていました。日焼け止めの香りとファンデーションが混じって、化粧の濃い人特有の臭いを発してしまっていました。子育てが始まってからは、子どもにも使える安全な日焼け止めを探すのに苦労しました。というのも、子どもに日焼け止めを塗ると、手でベタベタ触って、その手を口に入れるという状況でした。親子で安全な日焼け止めを探していました。

ベビーローション系の日焼け止めなら、子どもにも使えるかなと思ったのですが、商品によっては、子どもの肌が赤くなったりしました。ですが、ロート製薬のスキンアクアマイルドジェルは、着け心地がサラッとしているので、子ども自身があまり気にならないで過ごせているようです。また親の私にとっては、サラッとしているので、化粧下地に使った後にファンデーションを塗っても、「バッチリ塗っています」的な負担を感じません。油浮きしやすい夏場でも、ファンデーションと合わさって、日焼け止めが白く浮いてきたり、しわに入り込んで、余計に歳をとって見えるということがありません。今のところ満足しています。できれば完全無香料が良かったですが、微香なので許容範囲内の香りです。

一年を通して日焼け止めを使うことが多いです。朝、日焼け止めをつけて、夏場以外はそのまま一日を過ごします。つける量はファンデーションとの兼ね合いによります。土日はファンデーションを使わないので、日焼け止めだけを塗ります。土日は外にでることも多く、夏場は汗で流れてしまうこともあるので、午後にもう一度塗りなおしたりします。この日焼け止めを使い始めて、肌で感じる変化というものは特にありません。肌に直接つける物質ですから、何かしらの負担はあるのかもしれないですが、ベトベトしない、白く浮かない、洗った後にヒリヒリしないので、それでもう十分良しと考えています。思春期の子どもの肌にはニキビが出たりしていますが、日焼け止めの影響でニキビが悪化したりしていないので、これも良しとしています。